NEWS

お知らせ

HOME > お知らせ > 消防設備等 > 自動火災報知設備機器の更新について

  • 消防設備等
  • 2021.09.18

自動火災報知設備機器の更新について

 大変ご無沙汰しております

 

 

 
 
今回は自火報機器の更新について少々書いてみたいと思います。
 
 
最近なんですが『なんだか誤報が続くのですが』
 
などの問い合わせが頻繁にあるような気がするのです。
 
現場にお邪魔してよくよく確認してみると1970年代の受信機だったり、
 
新しくても1980年代の受信機だったりと、なかなかの年代物が設置されています。
 
確かに法令改正が昭和36年なので、あり得ない話ではないのですが、
 
さすがにある程度の期間が経過すれば限界がきてしまいます。
 
何かあってから慌てて更新のプランをたてるのではなく、
 
予め、業者さんと相談して『〇年後には受信機を交換しましょう』とか
 
『次回は感知器を交換しましょう』などと計画的に更新するように心掛けましょう。
 
勿論、豊田ドライケミカル㈱でもそういった相談を受け付けております。
 
お気軽に声を掛けて下さい。
 
 
更新を必要とする期間は、
 
受信機で設置から15~20年、感知器で10~15年、
 
発信機及び地区音響装置は20年程度と言われています。
 
自火報更新
 
 
 
お住まいのマンションは大丈夫ですか?
 
勤務先のビルは大丈夫ですか?
 
気になった時が替え時かもしれません。
 
今一度、確認をよろしくお願い致します。
 
 
 
それでは、大変久しぶりではございますが。。。
 
ご一緒に~
 
備えあれば憂いなし
 
 
 

一覧に戻る