NEWS

お知らせ

HOME > お知らせ > 消防設備等 > 消火器リサイクルシールの期限について

  • 消防設備等
  • 2021.09.18

消火器リサイクルシールの期限について

2020年も残り2か月と2週間になりました。

月日の経過は早いですね(-_-;)

 

と、そんな事で落ち込んでる話を伝えるのではなく、

消火器リサイクルシールの期限について少しお話を。

お手元に消火器をご用意して頂くとわかりやすいと思います。

 

廃消火器リサイクルシステムが開始されて早10年。

当時販売されていた2010年製の消火器には『社会実験用シール』として

無料で有効期限が10年の物が貼り付けてありました。

そのシールの期限は本年2020年末までとなっております。

2021年になると廃消火器用としてリサイクルシール費が必要となります。

もしも気付かれたなら、これを機会に買い替えを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

その後、2013年~2014年に発売された消火器には

有効期限12年のシールが貼り付けられるようになり、

 

 

 

そして現在では、シール発行年+3年目の3月末日期限の

シールが貼り付けて販売されております。

 

 

前払い消火器リサイクルシールはご購入時に、

消火器本体金額にプラスして販売しておりますので

期限切れには十分お気をつけて頂きたいと思います。

 

先ずは、10年前頃にご購入頂いた消火器のリサイクルシール期限の確認を是非ともお願い致します。

念の為にリサイクルシールの有効期限一覧を貼っておきますね。

2011年製消火器も買替の対象として検討をお願い致します。

Aグループ:20型以下の粉末消火器・小型消火器類

Cグループ:20型を超え200型以下の消火器・移動式粉末消火設備33~45kgタイプ

Dグループ:二酸化炭素消火器50~100型・パッケージ型消火設備等

※Bグループは2014年4月以降、Aグループに統合しています。

 

 

 

それでは今日もご一緒に

備えあれば憂いなし!!

有難うございました(^_-)-☆

 

 

 

 

一覧に戻る